ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

“デザイン”で最も重要なこと

c0191542_11372118.jpgJAGDA(ジャグダ)沖縄の
グラフィックアート展・PEACEの可視化
期間中に開催された浅葉克己さんの講演会で
『JAGDA Report』(186号)
という会報をいただきました。

「あなたにとって、
“デザイン”で最も重要なことは何ですか?」
と問われた46人のグラフィックデザイナー
の回答のうち、
印象に残ったものをメモ。
なぜ、いま、それにひっかかるのか、
自分でよくわかるような、わからないような…。
とにかくメモしておこう。


「あなたにとって、“デザイン”で最も重要なことは何ですか?」

・本当に機能しているか
・それはポジティブなコミュニケーションか
の2つ
(佐野研二郎さん)

ひとつの印象になってしまわないこと。
さまざまな印象が呼応して
強まっていって、心に残るようなこと。
(近藤一弥さん)

覚醒力、つまり「!」を呼びおこすことだと思う。
ただし、目先の「!」ではなく、よく考えぬかれた
精密な仕事に見いだされる「!」に自分はひかれる。
(原研哉さん)

つながること、つなげること
(松下計さん)
by idea-ninben | 2009-09-24 11:40 | 雑記

保健所ねこの譲渡会

とある路地。いったい何匹いるんだろう…。
通りがかりのおばさんたちが立ち止まって言いました。
「困るのよねー。エサをやる人がいるから増えるのよねー」
ねこが好きな人間にとっては、ショックな一言。
でも、ものごとの反対側にある声を知っておくことはだいじです。
c0191542_11432117.jpg

家の敷地でのらねこが出産したら、保健所に連絡する
という人は少なくないのだろうなと収容リストを見るたびに思います。
そのうち、保健所に連れていかれた動物が
どうなるのか、知っている人はどのくらいいるんだろう。
(猫カフェさんのサイト内・里親になる前に参照)

23日、「猫カフェ」さんが保健所ねこの譲渡会をされるようです。

日時:9月23日(水曜日)
場所:動物愛護管理センター(大里)
時間:12時〜15時

これからねこを飼おうと計画している人、もう1匹を検討している人、
センターから1匹、出してやってください。

More
by idea-ninben | 2009-09-21 11:45 | お知らせ

近所で過ごす休日

連休(世間的な)初日は、お昼ごはんを「てぃーあんだ」で。
膳が運ばれてくると、いい出汁のにおいがひろがりました。
オクラとナスの天ぷらがことのほかおいしくて、
ふと隣を見ると、食事を終えた年配の女性(娘さんらしき人と二人連れ)の
満足そうな顔があって、お店はとても繁盛していました。
c0191542_10512083.jpg

さて、てぃーあんだで毎月第4日曜日に開催の、読谷共同食堂
第1回目(常秀工房×名前のない料理店)は予約がいっぱいになったそうです。
次回(10月)は壱岐幸二さんの器にて。

名前のない料理店の料理(イベント以外で)を食べたことのない人が
「4,000円かぁ、高いなぁ」とおっしゃると
「帰るときには、4,000円でいいのかなぁ…と思うはずです」と言えます。
食べたことのある人には…。
先日「ふだんのケータリングで出す料理とのちがいは?」と
店主にたずねた時、興味深い返事が聞けましたよ。
by idea-ninben | 2009-09-21 11:06 | 雑記

よしおうさんのパン

南恩納トロピカルさんのホームページを一部改訂しました。
なぜなら、ご家族が増えたから!
弟くんと、うさぎ2羽です。
高野さんに新たにイラストを描きおこしてもらいました。
c0191542_1142622.jpg

独特のリズムで腕をあげていく、
よしおうさんのパン(南恩納トロピカル内「麦焼屋」)のページも更新。
よしおうさんの焼くパンは、よしおうさんの味がします。
当たり前のことのようですが、食べたときに、作り手の顔が思い浮かぶパンです。

パンのメニューをじっくり読みたい人はここから。

写真は、下村亮人さん。
(時々聞かれることがあるのですが、
 麦焼屋さんのはんこはアイデアにんべん作ではありません。
 よしおうさんのご友人によるものです)

また、宿泊したお客さんを紹介するblogをはじめたとのことで、
リンクしています。
タイからの留学生、ホルン奏者、ゼミの学生さん…。
南恩納トロピカルを交差していく人びと。
by idea-ninben | 2009-09-17 11:52 | 食と小商い

1/4KARAT(クォーターカラット)

口笛くらいは吹けますが、なんら楽器ができるわけではありません。
楽しい音と書いて、音楽。
いつも聴く側にいます。

それを、ちょっと違う方向から、楽しめました。

ギターを手に、うたっている人の、はんこ(CDジャケット用)を彫ることで。
c0191542_10273771.jpg

「それでも人には 必要なのだろう
 変わらぬ看板があるところ」

と、小田晃生(おだ・こうせい)さんがうたう視線の先にあるのは、
東京郊外にある「1/4KARAT(クォーターカラット)」というバーです。
「cafe+more オウチ。」(沖縄・宜野湾市)のまことさんのお店。
15周年の記念につくられたうたです。

わたしたちは、1/4KARATに行ったことがなく、
小田晃生さんにも会ったことがありません。が、
「変わらぬ看板」と聴くたびに、
「オウチ。」の、あさこさんのごはんや、まことさんの有り様をおもいました。

CD「いとなみ」(限定版)の詳細は小田晃生さんの日記に。
また、「オウチ。」でも購入できます。
c0191542_10281420.jpg


この曲も好き。
by idea-ninben | 2009-09-09 10:35 | その他

地域のクリエイティブ

広告クリエイティブ・デザインの専門誌『ブレーン』
2009年10月号、「地域のクリエイティブ」というコーナーにて、
リーフレット「名前をとられたアグー」を取り上げていただきました。
c0191542_9481970.jpg

アグー飼いの大五郎さんと、「名前のない料理店」の大将。
二人の男が世の中に対して発した声が、
伝わって、広がっていく、ひとつのきっかけになりますように。
by idea-ninben | 2009-09-06 09:49 | お知らせ

チップスの色

当真さんの紅芋チップスと紅芋スティック。
ご要望により、チップスのラベルの色を変更しました。
c0191542_8322970.jpg

「紅芋チップスなんてどれも同じ」と思うなかれ。
第一、もともとの紅芋のおいしさからちがいます。

その場をなごませる明るさをもったチップスと、
ものしずかだけど、噛むほどに味わい深いスティック。

島やさい食堂てぃーあんだ金月ソバ水円ぱるず
コープおきなわ、おんなの駅(恩納村の道の駅)、
自然食糧品と地方の本「納々屋」(東京)などで
販売されています。
by idea-ninben | 2009-09-04 08:37 | 畑人と海人

ただのいぬ。プロジェクト

c0191542_11301838.jpg最近、ただのいぬ。プロジェクト
の存在を知り、
そのことについて、
うろうろと考えています。

ここ沖縄でも、毎日、
飼い主不明のねこやいぬが捕獲され、
わずか、4日(ねこ)〜5日(いぬ)の
収容期限の後、
毎日、処分されています…。









「ただのいぬ。プロジェクト」は、展覧会以外の形でも
主旨に賛同する方といっしょに下記のような試みも実施しているそうです。

■ ただのいぬ。ミニキャラバン(練馬公民館) →(PDF)

■ 区民大学「命をみつめて」~ただのいぬ。プロジェクトin練馬公民館2008 
→(PDF)

上記2つのイベントは、プロジェクトの中心である写真家の服部さんや
詩人・デザイナーの小山さんのトーク、ミニ写真展、ワークショップなど。

■ まほうの絵ふで×ただのいぬ。(札幌) 
by idea-ninben | 2009-09-03 11:32 | 雑記