人気ブログランキング |
ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

学校に作業療法を。

学校に作業療法を。_c0191542_14001382.jpg

クラスメイトとすぐケンカになり、叩いてしまう子どもがいるとします。
その子は先生から「ダメ!」と怒られるだけなのでしょうか。
親は学校から「専門家に相談してください」と言われるのでしょうか。
特別学級に分けられるのでしょうか。

その人の息子が保育園にうまくなじめないとき、園から言われたのは「発達検査を受けてもらわないと恐くて預かれません」という言葉でした。

「確かにたくさんの人がいるとドキドキする子だけど、元気でやさしい子どもの一面よりも、まずは問題と向き合わなければ社会に参加できない現状に衝撃を受けました」

彼女の職業は作業療法士。
悩みを希望に変える作業療法を学校へ、とたった一人ではじめた活動が「ゆいまわる」です。

制作したリーフレットにも記していますが
「問題解決では生活を変えていくことができない」ことなどが書かれた『学校に作業療法を-届けたい教育でつなぐ学校・家庭・地域』は、教育になんら関心がない人が読んでも目からウロコの名著です。

イラスト:渡會奈央
編集・デザイン:アイデアにんべん

# by idea-ninben | 2021-01-20 14:01 | 学校と福祉

知念紅型研究所

知念紅型研究所_c0191542_11354150.gif

年賀状はつくらず、毎年、挨拶状を書きます。
一年を振り返ってまずはじめに浮かぶのは、紅型を少し知ることができたこと。知念冬馬さんのおかげです。
冬馬さんが十代目となる知念紅型研究所のロゴができ、年始、お披露目に。
知念家はかつて琉球国に仕えた紅型三宗家のひとつです。

# by idea-ninben | 2021-01-05 11:36 | 工芸と文化

栄町市場あっちゃーMAP

栄町市場あっちゃーMAP_c0191542_10301843.jpg

お肉は切りたてが断然おいしくて、県外から日帰りで豚肉を買いにくる常連客までいること。
カツオ、昆布、黒豆…出汁用の粉はブレンドしてくれること。
市場で66年、千切り屋店主の、無二の魅力。
小さな店内カウンターで定食を食べるのが通な総菜屋さんのこと。
ウーマクな子も泣き虫な子も、ただ話したいという人も受け容れる懐の深さ。
宮里小書店と金城商店の店主らは市場で食材を買ってきて鍋やたこ焼きランチを食べていること。
SNS発信不可の名店のこと。
栄町市場で世代をつなぐCOFFEE potohotoのさえさんと宮里小書店の綾羽さんの熱い語りをもとに、
主に昼間の(夜はもう有名なので)市場あっちゃーMAPを制作しました。

栄町市場あっちゃーMAP_c0191542_10303523.jpg

さえさんが手渡してくれた『本日の栄町市場と旅する小書店』はおもしろさのあまり一気に読了。
本の存在を知っていたのに読もうとしなかったこの数年を後悔しました。
読むと会いたい人がいっぱい出てきましたが、もう会えない人もいらっしゃった…。
皆さんも一日も早く栄町へどうぞ。
注意点としては、日曜定休の店舗が多いことです。

栄町市場あっちゃーMAP_c0191542_10373164.jpg


イラスト:Doucatty
編集・デザイン:アイデアにんべん

# by idea-ninben | 2020-12-22 10:32 | 地域

木のカップをザックにぶら下げて。

木のカップをザックにぶら下げて。_c0191542_11222408.jpg

キャンプを愛するお兄さんは木のマグカップを持っていて当然かと思いますが、山歩きが好きなお姉さん、一歩家の外に出てごはんを食べるとおいしいことを知っている人に、お知らせです。
沖縄の木工房が立ち上げたガレージブランド・Fav Time(ファボタイム)のお披露目会。
12/12から12/20まで、珈琲屋台ひばり屋にて。
オンラインストアは準備中とのことです。

撮影:大城亘
ロゴ・編集・デザイン:アイデアにんべん

# by idea-ninben | 2020-12-02 11:23 | 工芸と文化

CLAY

CLAY_c0191542_13423030.jpg

CLAYとは土。土から生まれる、器、食、人。
北窯の親方の一人・松田共司さんのギャラリーを併設した、自家焙煎珈琲とランチ、デザートのお店がオープンしました。
若い人のはたらく場づくりも意識されています。
共司さん・創さん父子の掌と土、珈琲豆を撮影したショップカードと、共司さんの陶歴の栞を制作しました。

# by idea-ninben | 2020-11-25 13:43 | 食と小商い

琉球びんがた道具箱

琉球びんがた道具箱_c0191542_09305273.jpg

古典柄に、色を差す。
沖縄にない風景を想い、色を差す。
山々に、青海波に、花に、色を差す。

「体験」だとか「本格的な」という言葉ではもどかしい。
「琉球びんがた道具箱」は、紅型を、型染めを、染織を、工芸を、沖縄を、知る「事始め」だ。

今回の小風呂敷に、知念紅型研究所の職人が「歴史にも触れてほしい」と選び、型を彫ったのは、古典柄「桜波連山仕切り模様」(製作年代:琉球王朝第二尚氏時代)のアレンジです。

琉球びんがた道具箱_c0191542_09314571.jpg

山や波の模様を仕切りのようにして、染め分けていく染分地という意匠を用いて作られた大模様型。
大きな山々に枝垂桜など、沖縄では見られないモチーフが多く見られることからも、当時の琉球が本州や隣国から様々な影響を受けながら、それらを柔軟に紅型に取り入れたことがうかがえます。

琉球びんがた道具箱_c0191542_09311861.jpg


琉球びんがた道具箱_c0191542_09315746.jpg


琉球びんがた道具箱_c0191542_09313343.jpg

紅型は、現存する紅型や文献から、300年ほど前から技法があったことが分かっています。
琉球は統一王国の誕生(1429年)以前から、中国(明)と冊封関係があり、15~16世紀にはシャム(タイ)やルソン(フィリピン)、朝鮮、日本などとも交易しました。
中国やインド、インドネシア、日本に、紅型と同じ染め方はどこにも見当たらず、さまざまな近隣国の染物をヒントに沖縄でつくりあげていった古今独歩の技法だと考えられています。

琉球びんがた道具箱_c0191542_09310452.jpg

撮影(染め方指南帖):島袋常貴
プロジェクト:琉球びんがた普及伝承コンソーシアム、知念紅型研究所、アイデアにんべん

# by idea-ninben | 2020-11-13 09:34 | 工芸と文化

おかしなとうふのものがたり

おかしなとうふのものがたり_c0191542_14091925.jpg

じーまーみ豆腐を家でつくってみましょう。
じーまーみとは落花生のことです。
沖縄のお総菜ですが、甘いタレで食べることが多いので、お菓子づくり感覚で。
現代に豆腐ようを広めた老舗「琉球うりずん物産」の
おうちでつくる「じーまーみ豆腐」セット
“おかしなとうふのものがたり”。
パッケージと作り方リーフレットができました。

おかしなとうふのものがたり_c0191542_14093007.jpg

作り方のイラスト:上間実
ネーミング・編集・デザイン:アイデアにんべん

# by idea-ninben | 2020-10-29 14:12 | 食と小商い

自然派ワインと純米酒のお店「ナガハマ88」

自然派ワインと純米酒のお店「ナガハマ88」_c0191542_16410670.jpg


「音楽を選ぶようにお酒を選んでほしい」。
読谷村長浜に自然派ワインと純米酒のお店「ナガハマ88」がオープンしました。
お酒以外にもおもしろい食品が並んでいます。
サイトにとんでラインナップを見るといいですが、店主のうまい解説を聞いたら、あれもこれも飲みたく食べたくなるはず。
セメント瓦屋の小屋部分を改装した佇まいで、長浜の集落にすでになじんでいます。
小道にあるため近くの長浜公民館に車を停めさせてもらったら、ちょっとまちあるきもできていいかも。
アイデアにんべんはロゴを制作しました。

自然派ワインと純米酒のお店「ナガハマ88」_c0191542_16412108.jpg

# by idea-ninben | 2020-10-26 16:40 | 食と小商い

PEBBLE

沖縄で古家具というとだいたいアメリカ家具。
だからこんなお店を待っていました。

PEBBLE_c0191542_09450134.jpg
PEBBLE_c0191542_09451235.jpg

アイデアにんべんはロゴを制作。

PEBBLE_c0191542_09452257.jpg
PEBBLE_c0191542_09453127.jpg

PEBBLEのよさは @pebble_yomitan を見てもらったら十分わかるので、あとは余談です。
『沖縄島建築』取材前に、沖縄の建築史を学びました。
明治22年、琉球王府時代の「敷地家屋制限令」が撤廃になっても、木造瓦葺が盛んになったのは大正以降だったといいます。
県産材が建築物の規格に不適だったため、用材は沖縄産から県外産の杉材へと変化。
木造二階建ても建てられ、日本様式の間取りは東京様式などと呼ばれました。
家具のことまでは調べなかった…。昔の沖縄の家具はどんなだったのかなぁ。

# by idea-ninben | 2020-10-09 09:47 | 食と小商い

久米の部屋

久米の部屋_c0191542_10353006.jpg

そのマンションは35年の記憶をもっていました。
施工は企業が管理するマンションの規格化されたものとは異なっていて、アットホームな空気感も良さのひとつ。手入れは行き届いていました。
空き部屋に息を吹き返させることがリノベーションなわけですが、単に今風にしてしまっては味気がない、と考えるのがディ・スペック(沖縄不動産文庫)。
どこか度量の広さのようなものがある古くて良いものの質感や風合いを、ところどころに残し、家具を限定しないよう、空間をつくり過ぎないように仕上げられた「久米の部屋」。
沖縄不動産文庫という名前にちなんで、文庫本風のリーフレットを制作しました。

久米の部屋_c0191542_10354452.jpg
久米の部屋_c0191542_10360277.jpg
久米の部屋_c0191542_10361853.jpg
久米の部屋_c0191542_10365050.jpg

撮影:大城亘
イラスト:へんな優
企画・編集・デザイン:アイデアにんべん


【リノベーションマンション見学販売会&リノベーション相談会】もあります。
物件名:ローズマンション久米
日程:8/8(sat) 8/9(sun)
時間:13:00~18:00 ※完全予約制
会場:那覇市久米 ※お申込みいただいたお客様に詳細をご案内します。
駐車場:駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
お問合せ先:
【メール】info@dspec.jp
【電話】050-5434-2733 ご希望の日時とお名前・電話番号をお聞かせください。

# by idea-ninben | 2020-07-29 10:39 | その他