ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

沖縄で生きる女性たち

「沖縄だから、というのはない。
 どこにいても自分」(器作家・多賀橋明美さん)

「作っているから、立っていられる。
 彫刻は自分のリハビリ」(アーティスト・奥山泉さん)

「弁当箱が今の自分のサイズ」(earth cafe Pachamama・相良優子さん)

c0191542_155934.jpg
沖縄スタイルvol.29にて
3人の女性を取材させていただきました。

多賀橋明美さん(工房いろは)は、2月21~22日、
「残波岬いこいの広場」で催される「読谷やちむん市」に出店予定。
昨年末「やちむんの里」の陶器市であまり器を買わなかったのは、
多賀橋さんの器を買いたいなと思い始めていたからかも、
と、今振り返っています。

また、この号には、earth cafe Pachamama・優子さんの他、
森岡尚子さん、「ペンギン食堂」店長の、島野菜ごはんレシピも載っています。
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-28 15:08 | 編集と取材

写真する人

県内の若手フォトグラファーによる合同写真展「写真する人」
2月3日~8日まで、県立博物館美術館で催されます。
『手手』をいっしょにつくっている田村はあこさんの他、
チョウタロウさん、コココ工房のヤフネさんなどが出展されます。
c0191542_11391441.jpg
【参加メンバー】
伊波 一志
大湾 朝太郎
umihiko
こうちまき
saco
島袋 常貴
田村 ハーコ 浩子
t.nehala
照屋 俊
中川 大祐
仲村渠 ヒロシ
東 正洋
ヤフネ アキヒロ
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-18 11:40 | 報告

そらまめに塩

たとえば、商品ラベル制作の依頼を受けると、
どういう要素が必要か、どういう言葉を入れるかなどを考え、
こんなふうに下絵を描いて、提案していきます。
その後、時々に応じてデザイナーさんと組み、仕上げます。

が、先方の事情によっては、IDEAにんべんにて完成させることも。

去年制作した、のぶおばぁのそらまめチップス。
砂糖味と塩味の2種類があります。
c0191542_1254392.jpg
そらまめ。揚げたことのある方はわかると思いますが、はねます。
1粒ずつ切り目を入れて、調理がはじまります。
揚げたそらまめに塩をまぶしたシンプルな塩味。
もちろんビールに合います。
「若い人はこっちがいいみたいね」とのこと。
c0191542_9484818.jpg

のぶおばぁ自身は砂糖味のほうが好きだそうです。
子どもたちも砂糖派か。
溶かして飴状にした砂糖や黒ごま、白ごま、ジンジャーなどをまぶしてあります。
手がこんでいるし、一気に力強く混ぜないといけないので、
読谷村農漁村生活研究会のおかーさんたちも、おばぁに手をかします。

先日、砂糖味を、ビールを飲みながらの食事の後に食べてみたら、
お茶を飲みながらのときとはまた一味違うおいしさがありました。

そらまめチップスは読谷村のファーマーズマーケット「ゆんた市場」などで販売されています。
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-16 12:08 | 食と小商い

第1回ダーヴァ杯けしごむはんこ選手権

生まれて初めてシンサインになりました。
といっても大仰なことではなくて、
新聞社で読者からけしごむはんこを募集したそうで、
寄せられたはんこを選定して掲載するお手伝い。
よかりよさんからお話がまわってきました。

c0191542_10555487.jpg選んだひとつに「わが子」と題した
はんこがありました。
けしごむの前面、横面、後面の
3面をうまく使って、
「わが子」の顔、はいはいする横からの姿、
おしりが、それぞれ彫られていました。
そのお母さん視線を、想像しました。

最近「ものごとをよく見る」
ということについてよく考えます。
よく見て描かれた絵や、よく見て彫られた彫刻を、
よく見ています。
近づきすぎてもかえって
ものは見えなくなってしまうのですが。


「ネコにゃあーと展」に寄せ文&けしごむはんこで参加 
「きとねいち」にけしごむはんこで出店 
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-15 11:00 | 雑記

アグー問題

c0191542_1021829.jpg町中で「アグー」「あぐー」「あぐ〜」
という文字を見ると、複雑なきもちがします。

「幻のアグー」というコピーは、
そもそも使いどころをあやまっていますね。

アグー生産農家・山本大五郎さんの新聞投書文、
読んでみてください。


[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-14 10:08 | 報告

KAMI・GAKARIプロジェクト

ゴールデンウィークに沖縄県立博物館・美術館で催される
紙の展示会。IDEAにんべんも参加することになりました。
c0191542_10181733.jpg

クリエイティブな視点から生まれてくる新しい紙のかたち。
「見る・触れる・感じる」をテーマに、株式会社竹尾様の御協力のもと、
紙の可能性を探る企画展を沖縄県立博物館・美術館にて開催。
県内クリエイターの神がかったチカラ、「紙係」として紙の魅力をお伝えします。

KAMI・GAKARIサイト 

沖縄県立博物館・美術館(県民ギャラリー1.2.3)
2009年4月28日(火)〜5月6日(水)

主催:福山商事株式会社

【参加メンバー】

■ CLIP : 本庄正巳( http://minaminosimakaze.blog75.fc2.com )

■ YOKANG:田仲洋/山内カンナ(http://www.yokang.jp)

■ think of : 金城博之(http://www.think-of.jp)

■ EIGHT GRAPHIC : 大城美玲(http://www.mirei.net)

■ Doucatty:田原幸浩/田原琴子(http://www.doucatty.com)

■ pokke104 (http://www.pokke104.com)

■ Design Office AND:長嶺良太(http://www.c-and.net/)

■ まつむらこうじ

■ 460RYUKYU ENTERTAINMENT:城間英樹(http://460.in/)

■ カニメガ: 仲間 隆博/池間 優紀(http://www.kanimega.com)

■ ぐりもじゃサスケ(http://www.gurimojya.com)

■ ナカハジメ

■ SHARE:浦崎共行(http://sclap.ti-da.net)

■ アイデアにんべん : 黒川真也/黒川祐子(http://idea-ninben.com)

■ Cloud City:下地正喜(http://www.cloud-city.jp)

■ PLAT(http://www.plat-d.com)
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-13 10:20 | 報告

旬肴 ひとしずく

「ふゆじたく きとねいち」のときのこと。
陽がかげってきたころ、
わたしたちの小さな出店の向こう側に
たちのぼる湯気が見えました。
「うどん」と「オーダーを受けてから巻くだし巻きたまご」で
出店されていた旬肴 ひとしずくさん(お店は1月10日オープン予定)。
あたたかくて、関西風で、おいしかった。

うれしいことに、きとねいちの後、DMハガキ制作を依頼いただきました。
c0191542_11554242.jpg
c0191542_11555596.jpg
撮影:田村はあこ
構成・文・デザイン:IDEAにんべん
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-02 12:07 | 小商い

沖縄で「始める」ということ

秋頃、与那国島や波照間島を訪れました。
与那国では長命草(サクナ)で島おこしが行われています。
全国各地、島おこしや町おこしがものだけを作って流通できずに
失敗に終わっているけれど、
あの人がいれば、与那国は大丈夫なんじゃないかと思える
与那国育ちの熱い男がキーパーソン。
8年目に芽が出たそうです。

波照間には
なんと『手手』を見て、
自分たちも、と
『ピヌムトゥ』という冊子を
作りはじめた人たちがいました。
彼女らはそれを
続けていくだろうなと確信し、
負けてられないなと思いました。

こうして、
沖縄各地で店や事業を始めた
4組の人を訪ねた
JTA(日本トランスオーシャン航空)機内誌・
『コーラルウェイ』'09年若水(120)号、第2特集。
共通項として、皆、自分らしい方法で地域の力になろうとしていました。

1・2月、JTA
乗る方がいたら、コーラルウェイをもらっていってください。
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-01 12:30 | 編集と取材

はじめの一歩。

















2009年、初日。
気もちも新に、アイデアにんべんブログ、
はじめます。

仕事のことや、日々のできごとなどを、
アイデアにんべんの二人で綴っていきます。



                           文:クロカワシンヤ
[PR]
# by idea-ninben | 2009-01-01 12:00