ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

やんばる野外手帖

c0191542_10084902.jpg

やんばる畑人プロジェクト」は、やんばる(沖縄本島北部)の畑人や料理人たちがお互いを光らせあいながら活動しているチームです。

「やんばるにはおいしい島野菜や豚肉、海産物、塩も砂糖もある。これに香辛料が加わればオールやんばる産でおもてなしができる」という言葉からはじまったプロジェクトが、数年の熟成時間を経て、あらたに「やんばる野外手帖」をスタートしました。

料理人と畑人のチームがつくる野外の食卓。

型にはまらないやんばる遊び。

旅行会社であれば形をかっちり決めてしまうプランを彼らはフリーにしています。「やりたいことをどんどん言ってください」と。ハードルを上げて、「だから楽しい」と言うのはやんばるで暮らしている人の気質なのかな。

畑のかたわらでいただくコース料理だとか、琉球の時代にタイムスリップしたかのような帆かけサバニ(沖縄の伝統的な木造舟)乗船だとか、旅行でいらっしゃるかたはもちろんですが、沖縄で暮らしているかたにも味わってほしい!

c0191542_10090203.jpg
c0191542_10091001.jpg
c0191542_10092351.jpg
c0191542_10093274.jpg
c0191542_10094222.jpg

イラスト:みやぎちか

写真:ポルコ、やんばる野外手帖

企画編集・デザイン:アイデアにんべん



[PR]
# by idea-ninben | 2017-05-29 10:19 | 畑人と海人

沖縄の発酵文化人類学。

ヒラクワールドをたっぷり楽しんだ夜になりました!

まず、大きな声で言いたいのは、
「ヒラクさん、すげぇ」だなぁ。

そして沖縄で、こんなにおもしろい話をしてくれてありがとーです!もっと聞いていたかったな。

c0191542_1431279.jpg


宗像堂の宗像誉支夫さん、崎山酒造廠の崎山淳子さん、そして来てくださるといいなという想いが通じた琉大の外山先生。しかも飛び入りのご登壇で、家を出る前に「こうなったら最高だな」って話していた理想の展開!平良先生にも来ていただけて、うれしかったです。

c0191542_14301962.jpg


個人的なことだけど、ぼく、ずーっと、宗像さんの話を、ヒラクさんとのトークを通して、たくさんの人と聞いてみたくてしょうがなかったのです。
*昨年、ヒラクさんが、山梨のアートディレクターであり、BEEK発行人の土屋誠さんと、発酵兄妹である五味醤油の五味仁さん、洋子さんと一緒に沖縄に遊びに来てくださって、発酵ツアーをしたときに、そう思ったのです。
BEEKの沖縄の記事

なので、その夢が叶った夜でもありました。

また、この最高の雰囲気(←これ大事よね)をつくってくださった来場者のみなさん、ありがとうございます!

この時間をともにできたこと、うれしかったです。ありがとうございます。

最後になったけど、春さきに、ヒラクさんからこの話を聞いたときから、今日のイベントの相談に乗ってくださり、何から何までサポートくださったカフェユニゾンの三枝さん、田代さん、スタッフのみなさん、ほんとにありがとうございます!

当日はもちろん、この日をむかえるまでのきめ細かなサポートぷりに、感謝してもしきれないほどです。

そしてユニゾンさんでの発酵食品フェア(会期中限定メニューも!)は、6月6日までつづきますぞ。

ヒラクさん、日本のどこかで、毎日、トークをし続けた二週間。
おつかれさまでした。沖縄で、しばしゆっくりやすんでくださーい。そして、次は北海道、東北だそうです。
お近くのかた、お聞き逃しのないように。

それにしても、たくさん集まってくださったなぁ。おもしろい話をたくさん、聞けたなぁ。
「発酵文化人類学」、再読するぞー!


出版のあたらしい流れを具体的に提示してきたヒラクさんの好例は、コチラで読むこともできますぞ!
【発酵文化人類学】一週間で重版出来!の舞台裏/

余談だけど…
[PR]
# by idea-ninben | 2017-05-25 08:05 | お知らせ

木村草太の憲法の新手

今の沖縄は、“憲法”の視点から

どんなふうに見えるのか。

憲法学者の木村草太さん(首都大学東京 教授)の

沖縄タイムスでの連載コラムが本になり、

装丁を担当させていただきました。


c0191542_10223614.jpg

c0191542_10232924.jpg

c0191542_10225102.jpg


[PR]
# by idea-ninben | 2017-04-03 10:25 | 工芸と文化

NUNUSAAA(布人)

c0191542_09175484.jpg


膨大な時間をかけて、いい手仕事を重ねてさえいれば、

受け継がれてきた工芸が消えるのを止められるのでしょうか。


では「伝える」とはなにか。

試行錯誤をはじめようとしている3人の布人(ぬぬさぁ)が、

南風原(はえばる)という絣の里にいます。


大城幸司さん、大城拓也さん、大城美枝子さんに

お話を聞きました。

NUNUSAAA

c0191542_08450501.jpg

c0191542_08452229.jpg

c0191542_08451428.jpg


ディレクション:江副直樹

撮影・デザイン:前崎成一

取材・文:アイデアにんべん


[PR]
# by idea-ninben | 2017-03-27 08:37 | 工芸と文化

金月そば 国際通りむつみ食堂店、オープン。

c0191542_09494470.jpg

「ビルに囲まれはじめた那覇のまちに、

 食堂がある風景を残したい」

金月そば店主がまたやってくれます。


創業57年のむつみ食堂跡に、

金月そば 国際通りむつみ食堂店、オープン。


両手で鍋をふるというむつみ食堂の“おばちゃん”も

スタッフに迎え入れ、金月そばの思いとかけ算していきます。


これで金月そばは3店舗展開になりました。

つけ麺の恩納店、

沖縄そばのバリエーションは読谷店、

プラス食堂の、那覇・国際通りむつみ食堂店です。


オープン案内のリーフレット、メニューを制作しました。

c0191542_10235489.jpg

[PR]
# by idea-ninben | 2017-03-13 09:53 | 食と小商い

小粒な沖縄在来種のそら豆

沖縄はそろそろトーマーミー(そら豆)の季節です。
紅芋チップスでおなじみの当真さんや、
同じく読谷村の仲村渠(なかんだかり)さんたちが育てた
トーマーミーが「ぱるず」に並びますよ。

c0191542_10532003.jpg

c0191542_10540401.jpg

パッケージを制作しました。


[PR]
# by idea-ninben | 2017-03-10 10:54 | 畑人と海人

進化する!地域の注目デザイナーたち

『進化する!地域の注目デザイナーたち』にて

アイデアにんべんを紹介いただきました。


c0191542_10165619.jpg


c0191542_10090074.jpg


[PR]
# by idea-ninben | 2017-02-28 10:10 | お知らせ

グラフィックス×リノベーションでつくるこだわりのショップデザイン

『グラフィックス×リノベーションでつくる
こだわりのショップデザイン』
(編著:パイ インターナショナル)にて
グラフィックスの部分を担当した
味噌めしや まるたまが紹介されました。

c0191542_15122591.jpg
c0191542_15123652.jpg
c0191542_15124790.jpg
c0191542_15130302.jpg

[PR]
# by idea-ninben | 2017-01-30 15:17 | お知らせ

オセロ、そのあとの手

c0191542_8475326.jpg


tenで開催されていた「ポストカード展」で「一発大逆転オセロはがき」をお買い求めくださった皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございます。

「一発大逆転オセロはがき」の「そのあとの手」は、こういう感じになります。



More
[PR]
# by idea-ninben | 2017-01-29 18:00 | 雑記

世の中と 人の中に 眠る 宝箱を 楽しく開ける。

やちむんや籠、石獅子、紅型、木工品、古布の衣服などを

販売しているお店ではあるのですが、

「りゅう」に行ったことのない人に

そう説明してはどうにもこうにも言葉足らず。


世の中と

人の中に

眠る

宝箱を

楽しく開ける

場所。


「りゅう」の挨拶状兼ショップカードを企画制作しました。


店舗の奥では、店主が誰かといつも長いゆんたくをしているか、

驚く頻度でワークショップや食事会が催されています。


c0191542_09591039.jpg


[PR]
# by idea-ninben | 2017-01-05 10:02 | 食と小商い