ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

森で生まれたヤンバルクイナ と 森で生まれたわけじゃないネコ

どうぶつたちの病院 沖縄
島ねこ里親プロジェクトの活動を伝えたい。
ネコエイズへの誤解を解きたい。

と、リーフレットを制作しました。

c0191542_10155081.jpg

c0191542_1033343.jpg

お守り型に折れるようにしたのは、
思いをカタチに、というだけではなく、
そばにずっと置いてほしいから。
(飾っておいたら、なくしたり、忘れたり、しないですよね)
また、手にし、共感してくれた人が、誰かに伝える時に
力を添えることにもなりましょう。

c0191542_10124942.jpg


縄トモコさん(ナワチョウ)、
田原幸浩さん(ドゥカティ)、
グシケンメグミさん(かなさうちなーむんでおなじみ)、
宜保朝子さん
香月礼さん(香月舎)。

沖縄に暮らし、ネコが好きで、
ネコという生きもののすばらしさをよく知る
紅型作家、イラストレーター、
グラフィックデザイナー、画家、器作家が
ネコとヤンバルクイナを、絵に、紅型に、あらわし、
提供してくださいました。

c0191542_10142929.jpg

c0191542_10145418.jpg

c0191542_10162071.jpg

c0191542_1012668.jpg

ヤンバルの森に捨てられた
ネコたちにまた家族ができますように。

FIVのネコも幸せになれますように。


※裏面も作家ごとに5種類あります。


企画・編集・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2012-12-21 10:36 | その他

「名前のない料理店」沖縄の食材でフランス料理をつくりつづける

Jeepのライフスタイルウェブマガジン
各界のクラフトマンマインドをもった方々を紹介する
craftsmanshipという枠で
「名前のない料理店」を取材しました。

c0191542_2073610.jpg

沖縄にある食材のみでフレンチのコース料理を構成。
それをあらゆる場所へとケータリグするのが、
「名前のない料理店」のスタイルです。

料理人・小島圭史さんと知り合ったのは
彼が読谷村で暮らしはじめた頃。数年前。
悲喜こもごもあった後、
苦肉の策ではじめた「ケータリング」を
今は「ずっと続けていきたいと思っている」と言った時、
わたしは少なからず驚きました。

何かをつきつけられるたびに
関わってくれる人たちからヒントをもらいながら
変化してきた料理人。

「フランス料理を僕がいいなと思うのは…」と
話してくれた内容(記事内に)は
彼の生き方そのものでした。


23日、島やさい食堂てぃーあんだにて
「名前のない料理店」の料理会が催されますよ。


撮影:大城 亘
取材と文:黒川祐子
[PR]
by idea-ninben | 2012-12-19 20:09 | 取材と編集

「建築意思」のリーフレット 01 岩とガジュマルと家

設計図と大工道具と少しの着替えを持って
2005年に沖縄にやってきた山口博之さん。

はじめての施主は画家の梅原龍さんでした。

すっかり草に覆われた敷地には、
建築家を圧倒した、巨大な岩とガジュマルの大木。
そこに建てられた家とは…。

彼の事務所「建築意思」のリーフレットを
施主と建築家の紡ぎ出す言葉で構成しました。

誰もが毎日を暮らす「家」や「建物」について
思いを巡らせる時間になると思います。

c0191542_2034165.jpg


家を建てる予定がある人はもちろん、
まだそんな予定はないけど…という人にもおすすめです。

c0191542_20401914.gif

c0191542_20391595.gif


建築意思のサイト
建築意思のFB
山口博之のツイッター

お問合せ


撮影:田村ハーコ
企画・編集・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2012-12-14 20:45 | 小商い

Picnic ~みんなで考えよう基地もんだい~

冊子『Picnic ~みんなで考えよう基地もんだい~』

思いの詰まった33ページです。
本土で暮らす友人・知人にも読んでみてほしいと思いました。

制作していた何人かの人を知っていて、信頼していて、
アイデアにんべんも小さいながら賛同広告を出しました。

c0191542_1023575.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2012-12-08 10:24 | 雑記

びびびの島

「壮麗な赤」と呼ばれる首里城建立には、
久米島の深く美しい赤土が用いられています。
これは、びびびの島、ひとつめの「び」の話。
久米島はさまざまな「美しい」に恵まれた島なのです。
ふたつめは、車えびや赤鶏、久米島そば、魚貝、
惣慶もやし(たかがもやしとあなどるなかれ!)などなど
食が「美味しい」の「び」。
3つめからの「び」は、旅の途上で
「び」っくりしながら出合ってください。
びびびっと心にくるものが久米島で待っています!

JAL JTAセールス発行の久米島旅行パンフレット
ができました。

パンフレット『びびびの島』をご希望の方は
JAL JTAセールス・旅行事業部 商品企画第二グループ
098-857-8380までご連絡を。

c0191542_2151833.jpg

c0191542_21511823.jpg

c0191542_21512948.jpg

c0191542_21514181.jpg

c0191542_223057100.jpg

c0191542_21515115.jpg

c0191542_2152476.jpg


【後記】
ピエ・ブックス発行の『ネーミングを生かしたヒットデザイン』で『びびびの島』を紹介いただきました。


A4/20ページ
撮影:島袋常貴(一部除く)
デザイン:大西広告制作所
企画編集・文・ディレクション:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2012-12-06 21:25 | 地域