ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

離島フェア2009

c0191542_11153773.jpg離島フェア2009は、今日から日曜日まで。

大きな会場のなかでも、
毎回、異彩を放つ伊江島のブースには、
イエモノート(4冊あります)や
伊江ものカタログ ものづくり読本も。

産業まつりは台風で行けなかったし、
アイデアにんべんも出かけようぞ。






c0191542_11164027.jpg
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-27 11:20 | お知らせ

漢方処方が日本から無くなるかも…

「事業仕分け」にて
漢方薬を保険適用外とする方向で結論がくだされたそうです。
そうなると薬は6〜10倍の価格に。

詳細と署名について 

毎日ニュースで話題になっている事業仕分けですが、
肝心なことをメディアは伝えません。
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-26 16:26 | お知らせ

謝花きっぱん×プチット・リュ

琉球伝統銘菓「謝花きっぱん店」のホームページが開設されました。
制作は、PDT-duo

そのなかで、アイデアにんべんは謝花きっぱん店×プチット・リュ
(牧志公設市場のそばにある、沖縄食材のフレンチとワインの店)という
コラボレーション企画ページの原稿づくりを担当させてもらいました。
c0191542_11402649.jpg

報道でその存在は知っていた、きっぱんと冬瓜漬け。
この撮影の日にはじめて食べました。
好き嫌いはないほう。でも苦手な味だったらどうしよう…
という小心な心配はまったくの無用でした。
しかも、プチット・リュの新屋さんが合わせてくれた
ワインやチーズといっしょに口に入れると…
「おもしろい!」
心うれしい味覚との出会いになりました。
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-19 13:49 | 編集と取材

mon chouchouリーフレット

モンシュシュさんのリーフレットができました。
状況によって、2つ折にも3つ折にもできる、優れものです。
c0191542_14473117.jpg
c0191542_14474289.jpg
c0191542_1447516.jpg

メインの写真は、抹茶とかぼちゃのチーズケーキ。
撮影日にはこれ以外にもたくさんのケーキや焼菓子に包まれて
お菓子の国に来たようでした。
その前に…写真は2点だというのに、
いくつものケーキを焼いてきてくれたモンシュシュさん。
頭が下がりました。
c0191542_14484251.jpg

そんなこんなで、今回は特に、クライアントであるモンシュシュさんと
“いっしょにつくった”感がとてもあります。

撮影:田村はあこ
企画制作:アイデアにんべん


■ 同じチームで制作したフライヤー 

季節のケーキ・焼き菓子の詳細とその他のメニュー
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-07 14:53 | 食と小商い

『世界屠畜紀行』の内澤さんがやってくる。

c0191542_155543.jpg映画「いのちの食べかた」を観た頃に読んだ
『世界屠畜紀行』
映画よりも断然いい! と思ったのは、
西洋だけでない、西洋も含めた東洋の視点も
あるというところがベースにあります。
その他もろもろのことは…
読んでください。いい本です。
(読谷図書館にもあります)

この本の著者・内澤旬子さんの講演会を
「アグーを考える会」が催します。

講演終了後は、交流会。
おつまみは「名前のない料理店」の
おそうざいです。

講演会・交流会詳細
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-06 17:49 | お知らせ

『momoto』

c0191542_10504789.jpg本屋さんの沖縄コーナーから
雑誌が次々に姿を消して
寂しくなっていましたが…。

12月に『momoto』という雑誌が創刊します。

今、創刊号の編集において、
火ヌ神の写真を集めて
おられるそうです。
協力してもいいよという方は、
編集長のゴンさんまで。




c0191542_10564725.jpgゴンさんたちは、同時に
シブヤ大学を沖縄につくろう!
というプロジェクトも進められています。
なんというバイタリティー。
こちらも興味のある方は、どしどしご参加を。
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-04 11:00 | お知らせ

お芋の大変身

読谷村の紅芋農家・仲村渠(なかんだかり)さん夫婦がつくるお菓子。
その商品シールができました。
c0191542_1143945.jpg

お二人は、学校などからの紅芋掘り体験を受け入れているので、
掘った時に楽しいようにと、さまざまな種類の芋を育てておられます。
このお菓子はその中から、
2種類の紅芋と、読谷あかね芋(甘いかぼちゃのよう)をつかったもの。
切って、蒸して、天日で干して、揚げると花のように膨らんで…
ありありと変化していく様を、そのまま名前にしました。
c0191542_9493842.jpg
それぞれの芋の自然な甘み。あぶらっこくなく、
さくさくっとおいしいお菓子です。
c0191542_1174748.jpg

今週末の「よみたんまつり」で初登場。
読谷村農漁村生活研究会のブースで
こんな顔(はんこです)をしたお母さんが元気に販売されているはずです。
c0191542_1123346.jpg


読谷村農漁村生活研究会 その他のラベル
[PR]
by idea-ninben | 2009-11-03 11:11 | 畑人と海人