ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

カテゴリ:工芸と文化( 59 )

金城陶器所

読谷村で暮らすようになって自然と

そのおもしろさに開眼した「魚紋」。

c0191542_11061836.jpg

c0191542_11065664.jpg

おじいさんが人間国宝の金城次郎さんで、

お父さんが金城敏男さんで、

壺屋時代も、読谷でも、

祖父や父の仕事場を遊び場として育ったという

金城吉彦さんの魚紋とは?!

c0191542_11064582.jpg

金城陶器所のリーフレットと

現代沖縄陶工展のフライヤーを制作しました。

c0191542_11072293.jpg

吉彦さんのパートナー・博美さんは

“金城次郎の器”に導かれるようにして、

沖縄へ移り住み、修行した人。

作陶をはじめた頃から、韓国の古陶磁のなかでも、

李朝という時代を反映する

“屈託がない”器を追いかけつづけています。


作陶展では、お二人の代表作だけではなく、初期の作品、

作品の源となっている古陶磁などの参考品も展示されています。

c0191542_11070757.jpg


撮影:田村ハーコ

企画構成・編集(リーフレット)・デザイン:アイデアにんべん


[PR]
by idea-ninben | 2016-09-05 11:19 | 工芸と文化

前田びんがた工房

c0191542_940154.jpg
c0191542_9401274.jpg


城間びんがた工房で修行された後、
目立ったことをしようという気などなく、
山原で、静かに、一つひとつの色を追うように
創作をつづけているのは、
自然が醸し出す微細な変化を
しっかりと見ようとされているのかなと
前田直美さんの紅型を見て、感じます。

前田びんがた工房の名刺兼教室案内を2種類制作しました。

工房にあった色を解説した布(紅型教室用に用意されている)を、
名刺サイズのほうの裏面に生かしました。

一日体験と週1コースの教室もあります(おすすめ!)。

◎一日体験(要予約) エコバッグ3,000円

◎週1コース 月謝10,000円
水曜:14時~16時、19時~21時
木曜:19時~21時


※通常、名刺のみの制作依頼は承っておりません。

[PR]
by idea-ninben | 2016-08-16 09:41 | 工芸と文化

第12回おきなわ文学賞

c0191542_836935.jpg

c0191542_8362173.jpg

c0191542_8363317.jpg

入賞作品が国立劇場おきなわで上演される可能性につながる
「伝統舞台戯曲」部門があり、
沖縄独自、八・八・八・六のうたの世界「琉歌」部門があり、
「漫画」部門(『おばぁタイムス』の作者は過去の入選者)
もあり…
ぜんぶで9部門もある文学賞は稀。

それならば多様性が伝わるものにしましょうと
第12回「おきなわ文学賞」の
リーフレットとポスターを制作しました。
(Web制作はDEEokinawa)

SNSで誰もが発信者という時代ですが、
こんな機会に、少し立ち止まって、
書く(あるいは描く)ことに向かってみては。

それぞれの部門の選考委員のかたのお名前は
中面の募集要項内に記載しています。


イラスト:みやぎちか
企画構成・言葉・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2016-07-14 08:37 | 工芸と文化

読谷山焼 北窯

c0191542_15113175.jpg

なんといっても浦添工業高校生(写真部)たちの
写真がすばらしい。こんな北窯の写真は見たことがない。

「北窯」のショップカードを制作しました。
北窯売店で購入されたやちむん(焼きもの)に添えられます。

c0191542_9443068.jpg

c0191542_9444982.jpg

c0191542_945135.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2016-07-01 09:56 | 工芸と文化

陶製ボタンと茶器と骨董展

88歳 ボタン鈴は、周囲を巻きこむ。
というわけで、今回は「陶製ボタンと茶器と骨董展」。
読谷村のりゅうにて。

多様に並ぶ藍染めの布(それ以外の布でも)とボタンから選んで、
小物入れをつくるワークショップもあります。
c0191542_11502968.jpg

c0191542_11504294.jpg

撮影:田村ハーコ
企画構成・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2016-03-07 11:42 | 工芸と文化

一翠窯展は、タイの登り窯でつくった土鍋など

c0191542_1035384.jpg
c0191542_104818.jpg
「やちむんの里」が一年でいちばんにぎわう陶器市のころ、
LOTTAでは陶器の展覧会を開きます。

一翠窯でこの一年にできた新作や、耐熱陶器、土鍋など。

写真は、ボディをタイの登り窯で、蓋を沖縄でつくった土鍋、
スープカップ、
レトロなビルのタイル柄をうつしたタイルプレート
(シリーズ)です。


写真:大城 亘
デザイン:アイデアにんべん


c0191542_18234736.jpg
c0191542_18235280.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2015-11-12 10:06 | 工芸と文化

ひばりの庭でたまの木の器展

c0191542_11304965.jpg

珈琲屋台ひばり屋が今の場所(那覇の路地)で
最後に開く展覧会は、
たま木工商店の沖縄の木でつくる暮らしの道具です。

c0191542_11383163.gif

たま木工商店の“工場長”は、ブログの他、
「元気にやっているよ」とインスタグラム
新しい暮らしの報告をしていますよ。


撮影:島袋常貴(ひばり屋の写真は玉元佳世)
企画構成・デザイン:アイデアにんべん

[PR]
by idea-ninben | 2015-11-10 11:42 | 工芸と文化

協働のまちづくりin壺屋 壺屋やちむん通り祭り2015

11月7日、8日は「壺屋やちむん通り祭り」。今年は、グリーンを基調とした色合いのポスターになりました。
c0191542_21274250.jpg
フライヤーには、周辺から壺屋へのアクセスを記したマップも付いています。
c0191542_21272120.jpg
今年は「2店舗でお買いものをされた方(1店舗で2000円以上)」もしくは「和装の方」に、
冊子「壺屋のプラス」か「オリジナル手ぬぐい」か「やちむん」がプレゼントされます。

また壺屋焼のお皿でいただくマーサムン(おいしいもの)や、路地裏がおもしろい!まちまーい(壺屋歩き)、
道ジュネー、ろくろの無料体験に、旗頭などなど。今年も盛りだくさん。

なにより使ってたのしくなるやちむんが、お買い得。ぜひに。

デザイン:上間 実
企画構成・編集:アイデアにんべん

おまつりの詳細は、壺屋やちむん通り会さんのホームページでもチェック!



[PR]
by idea-ninben | 2015-11-06 21:31 | 工芸と文化

87歳のものづくり 鈴子さんのボタン展

c0191542_836715.jpg

c0191542_8361771.jpg

鈴子さんは1929年生まれの87歳。
五女・金城博美(金城陶器所)さんとの同居をきっかけに
ボタンづくりをはじめました。
「年老いてからこんなにものづくりに燃えたことはない」
と生み出される陶製ボタンは、人を明るく照らすものがあります。

金城陶器所が製土した13種類の土。
「鈴子さんといっしょにものづくりをしたい」
チーム鈴が加わって、
ボタンのアクセサリーなどもできました。

4日間という短い期間の展覧会ですが、
パン屋「水円」のふだんのオープン時間を延長して、
19時まで開いています。


写真:田村ハーコ
言葉・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2015-09-18 08:38 | 工芸と文化

壺屋焼窯元「育陶園」HPリニューアル

c0191542_1111291.jpg

壺屋焼窯元「育陶園」のホームページがリニューアルしました。

育陶園は今、本店の他に、
「時を味わう」をテーマにしたkamany
「新しい朝」がテーマのguma-guwa
という3つの展開をしています。

さらに、シーサーの工房と、やちむん教室も。

冊子『壺屋の+(プラス)』を制作した時、まえがきに
「今という時代、経済合理性によって
損なわれてきたものがあまりに多くあるなかで、
壺屋の人々が積み重ねてきた手仕事が、はたらきがけが、
まちの魅力を形づくっています」と書いたのは、
育陶園の人たちの顔をいちばんに思い浮かべてのことでした。

c0191542_1255869.jpg

壺屋というまちの330年以上の歴史を背負いながらも、
いつも開かれた明るさを放つ高江洲家。
彼らに、彼らがつくるやちむんに
会いに行きたくなる人が増えますように。


撮影:大城 亘、セソコマサユキ(guma-guwa,kamanyの一部写真)
コーディング・システム:PDT-duo
企画構成・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2015-08-12 09:22 | 工芸と文化