ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

カテゴリ:雑記( 42 )

オセロ、そのあとの手

c0191542_8475326.jpg


tenで開催されていた「ポストカード展」で「一発大逆転オセロはがき」をお買い求めくださった皆さま、ご来場くださった皆さま、ありがとうございます。

「一発大逆転オセロはがき」の「そのあとの手」は、こういう感じになります。



More
[PR]
by idea-ninben | 2017-01-29 18:00 | 雑記

壺屋やちむん通り祭りをのぞいてきました。

1日目の壺屋やちむん通り祭りをのぞいてきました。

お祭りは今日まで。
ヤギたちもやってきますよ。

c0191542_9383299.jpg
c0191542_9382314.jpg
c0191542_9381358.jpg
c0191542_938594.jpg
c0191542_9373711.jpg
c0191542_9372546.jpg
c0191542_936833.jpg
c0191542_9355712.jpg
c0191542_935456.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2014-11-02 09:41 | 雑記

アイデアにんべんの封筒

事務所の封筒(角2サイズ)の紙と色をあたらしくしてみました。

c0191542_16135599.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2014-08-22 16:14 | 雑記

新春の宴。

新春の幕開けということで、我が家のリビングで開催された「ジーマーミー・リューキューオーチョー」による新春の宴に行ってきました。

c0191542_1124520.jpg
オーサマによる新春のお言葉を聞かせてもらいました。よい年になるようにしたいと思います。(写真は「代表撮影」より拝借)

c0191542_11251998.jpg
さきほどの写真では、オーサマが近くに見えますが、ぼくらのような一般参賀の人からは、こんな風に小さくしか見えません。

c0191542_11241721.jpg
空撮による全体撮影。


c0191542_11262862.jpg
粛々、かつ賑々しく進んでいく宴。


c0191542_11265494.jpg
よーく見てみると、海のむこうからやってきた異国の代表者(鼻が高いです!)を見守っている人もいて、すこし厳粛かつ重々しい空気もあるようです。

c0191542_11275677.jpg
しかしながら「モノゴトは対話が大事」という、ジーマーミー・リューキューオーチョーの大切な決まりごとにのっとり、会話をすることで互いのいいところを認め合い、異なる意見についてはとことん語り合います(写真は「代表撮影」より拝借)。

そして…

c0191542_11291240.jpg
なんと!親しい者たちをそばに呼んでの、プライベート写真が流失してました(「写真週刊誌 カキフライデー」より拝借)

ちなみに、姫さまのとなりにいる人は、最長老の従者です。ジャン・レノに似ていますが、フランス人ではないとのこと。

って、書いてきましたが、さいごにまじめに。
[PR]
by idea-ninben | 2014-01-01 11:11 | 雑記

ジーマーミーサンタ2013

アイデアにんべんの年に一度(あるかないか)の行事、
ジーマーミーサンタづくり。
このタイミングで会う「今年お世話になりました」なかたや、
友人たち、その周辺にいらっしゃった
はじめましてなかたなどにも、
ひとりずつもらわれていきます。

「全部違う顔なんですか?!」と言う人がいますけれど、
同じ顔にするほうがむずかしい。

毎回違っておもしろい。
バリエーションはどんどん出てくる一方で、
はじめてつくった年の素朴な感じはもう描けなかったり。

2013年版をここに記録しておこう。
c0191542_17542037.jpg

c0191542_17543478.jpg

c0191542_17544477.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2013-12-12 17:54 | 雑記

座喜味城通りふれあい祭り

NPO 地域振興応援団おおとり会の面々が活躍していた
座喜味城通りふれあい祭り。
ネーミングとしてインパクトは大きくないけれど、
座喜味のおばあちゃんから外国人まで、
接点がそこかしこにあって、
地域の市場のよさと新しい感性の、両方がある。
年々いいお祭りになっているなぁと感じました。

まだあまり知られていないような読谷のいいお店も
この日、座喜味に集まって、一日だけの市場通りに。

c0191542_6363555.jpg

c0191542_6205980.jpg
↑ これは小学生の作品!

c0191542_6202992.jpg

c0191542_620558.jpg

c0191542_6215934.jpg

c0191542_622359.jpg

c0191542_6222310.jpg

来年の産業まつりは、読谷村のブースを
おおとり会+座喜味城通りのお祭りメンバーに
任せたらいいのになぁと妄想。
読谷のよさが伝わると思います。

c0191542_6165426.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2013-10-28 06:33 | 雑記

Picnic ~みんなで考えよう基地もんだい~

冊子『Picnic ~みんなで考えよう基地もんだい~』

思いの詰まった33ページです。
本土で暮らす友人・知人にも読んでみてほしいと思いました。

制作していた何人かの人を知っていて、信頼していて、
アイデアにんべんも小さいながら賛同広告を出しました。

c0191542_1023575.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2012-12-08 10:24 | 雑記

沖縄クヮッチー新聞

おいしいものを日々生み出し、おいしいものをよく知る
石垣島の辺銀食堂・辺銀愛里さんによるクヮッチー(ごちそう)企画。
ワタリウム美術館 ON SUNDAYSで1月15日まで
「沖縄クヮッチー アート&フード豊年祭」が開催されました。
沖縄のアーティストたちに混じって、
アイデアにんべんも展示参加させていただき、
「地域を広告する」仕事の中から、食に関するものを抜粋し、
大型「沖縄クヮッチー新聞」と
持ち帰っていただける小型版を制作しました。
c0191542_1642455.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2012-01-19 16:44 | 雑記

浜比嘉島で散歩。

c0191542_18404026.jpg
あまりにも気もちいい天気なので、ちょっと浜比嘉島までいってきました。

c0191542_1841211.jpg
島に到着すると、ネコの「ハマ」(勝手に命名)が挨拶にきてくれました。

c0191542_18422514.jpg
挨拶代わりに、撫でてあげるといい顔をしてくれました。ニャー!

c0191542_1844741.jpg
集落のなかを散策してみると…。
たたずまいが、すてきな海産物屋さんを発見!

c0191542_18431773.jpg
漁港もあります。イカ釣り船かなぁ。

c0191542_1845226.jpg
壁のなかから目線を感じたので見てみると…
どうも豚に見えます。自然にできたのかなぁ。


久しぶりの青空。そして12月とは思えないあたたかさ。
ご褒美のような一日となりました。明日は掃除と仕事。

[PR]
by idea-ninben | 2011-12-28 18:48 | 雑記

辺野古へ。

今日は、午前中をおやすみにして、辺野古にあるテント村(命を守る会)へ
行ってきました。

先日「君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄‐」の上映会のあと、
辺野古での座り込み行動を、十何年も続けてこられた悦美さんから辺野古の
お話を聞いたことがきっかけでした。

沖縄に暮らすようになって10年ちょっと。ニュースやネット、またCoccoの
映画(大丈夫であるように)などでは知っていましたが、
恥ずかしながら現地へ行くのは、今回がはじめて。

すこし緊張しつつも、悦美さんとはじめてお話をしたとき、
そのやわらかい感じにふれていたので「まず、行ってみたい」と
思って出かけました。

c0191542_18271376.jpg
まず辺野古の浜辺で、はじめに出会ったのは、コメツキガニ。
危険を察知すると、からだをクルクルと回転させながら砂にもぐりこんでい
きます。ものすごい数で団体行動しているので、じーっと見入ってしまう。

c0191542_1828591.jpg
辺野古の浜に建てられたフェンスと有刺鉄線のそばには、監視カメラも。
そのむこうには、思いやり予算で建てられた兵士用の娯楽施設も。
(思いやり予算で建てられているので、建設費は日本の税金です。
(ちなみに、思いやり予算って、1日あたり5億1千万円だそうです…。
 これ、復興費にあてた方がいいと思うのだけど)。

この浜は、ウミガメの産卵地だったけど、水陸両用の戦車が動きまわり、
煌々と照らされる場合もあるので、来なくなってしまったとのこと。

いま、ここには、よくニュースなどで報道されてきたV字型の二本の
滑走路をつくる計画がある…。普天間の基地が無条件返還でなく、
移設でもされたら、軍事要塞になってしまうそう…。

そして、もし仮にそうなってしまったら、多くの生きものが暮らす海を
埋め立てることに…。(しかも台風対策などで、海面から10mの高さまで
埋め立てねばいけないそう+ものすごい距離の誘導灯も、海のなかに設
けなければいけないそう)

毎日、座り込み(2500日以上)をされている老若男女の輪のなかでお話
を聞かせてもらう。悦美さんが活動が激しかった頃の話を聞かせてくだ
さる。目の前にいる人(米兵、生活のために工事に携わっている人も)に
「あなたたちを敵と思っているわけではないよ」と意思表示することを
心がけたという阻止活動。

その言葉の一つひとつが心に残る。また時間を見つけて、すこしの時間
でも行こう。そう思いました。

c0191542_18304765.jpg
被災された方の復興が大事。原発のことからも目が離せない。
でも、その一方で、着々と進められる基地問題。
忘れてはいけないと、あらためて思う。
[PR]
by idea-ninben | 2011-05-13 18:32 | 雑記