ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

パンを入れる紙袋+地図

それぞれのパンに合わせた国産小麦粉と天然酵母を用いて、
からだにやさしいパンをつくっている
てぃーだかんかん
障がいをもった人の就労訓練施設の場でもあり、
それぞれの人の個性が生きるかたちを探りながら、
“食”を通して人と人をつないでいるお店です。

読谷村オオトリMAPのような町の地図をつくってほしい」
というご依頼をいただき、
パンを入れる紙袋に地図という形を提案。
リーフレット(パンの紹介と詳細な地図)と紙袋を
両方制作することになり、
先にこの紙袋のほうが仕上がりました。

c0191542_19473985.jpg

c0191542_19481374.jpg

c0191542_1948357.jpg

今の世の中は障がいをもっている人とそうでない人が
分け隔てられてしまっていますが、
障がいをもつ人と接してみると、
受け取るものが多いことに気づきます。

そのことをはじめに教えていただいたのは、
若竹福祉会の仕事に携わった時。
施設長はおっしゃいました。
「世の中では、障がいをもっているということが
 先に立ってしまいますが、
 私にとって障がいをもっている彼らは、
 さまざまなことを教えてくれるすてきな人たちです。
 なぜなら、四角四面ではなく、
 こうでなければいけないという枠や固定観念にしばられず、
 前向きで、どんなことも受け容れる強さをもっているから。
 少数というだけで生きにくくもある彼らですが、
 もって生まれた光を輝かせるには、
 たくさんの人との関わりが必要だと思っています。
 だから、私たちの役割は、障がい者を集めることではなく、
 町や地域で笑顔で生きられるしくみづくりを続けていくこと」

この言葉はずっと胸に残っていて、
今回、「人」の絵を散りばめた絵地図を
ドゥカティにお願いしました。

おもろまちには大きな公園があります。
パンや飲みものを買って、公園で食べるのもきもちがいいですよ。

個人的には、噛むほどに甘いバケットあたりがおすすめです。
絵地図を印刷してあるのは一番大きいサイズの紙袋です。
(小さい袋はハンコ)


イラスト:ドゥカティ
企画構成・デザイン:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2014-08-06 19:51 | 学校と福祉
<< アイデアにんべんの封筒 勝山シークヮーサー 皮も種もま... >>