ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

沖縄・今帰仁村の民家に泊まる旅。

伊江島から(?)はじまった沖縄の民泊は
さまざまな地域へ広がりをみせているようです。
が、どの村で民泊する? というときに、
違いがわかりにくいのではと思いました。

沖縄本島北部の今帰仁村には、17もの自然の浜辺に
村民が誇りにしている「海色」があります。

また、今帰仁は古民家がたくさん残っている地域です。
それらが商店などとして生かされていることも多く、
村の風景に奥行きを出しています。

そういった今帰仁村の民家に泊まる旅の特長を
わかりやすく伝えるリーフレットを制作しました。

c0191542_1119486.jpg

南の海のほうへと心を向けている人がいらっしゃるとして、
その家のポストに、こんなお手紙を届けられたら。
折りたたんだときのかたちは封書風に。

c0191542_10283017.jpg

c0191542_1029384.jpg

c0191542_10292293.jpg

c0191542_10293453.jpg

c0191542_10294630.jpg

c0191542_10300100.jpg

お問合せは今帰仁村観光協会まで。

※今帰仁村観光協会が民泊として扱っているのは
 現時点では修学旅行のみです。

 将来的に、一般向けの民泊も視野に入れておられます。

宿に泊まって今帰仁村を旅したいかたには
tinto tintoマチャン・マチャンをおすすめします!


撮影:大湾朝太郎、今帰仁村観光協会
デザイン:奥間保
企画構成・文・編集:アイデアにんべん
[PR]
by idea-ninben | 2014-04-25 10:33 | 地域
<< 地方で働く、クリエイターのリア... 200軒の食卓を担う農家・コバ... >>