ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

海人おじぃ×INOのものづくり、OJINO手ぬぐい

海が弱っていることを
魚たちの次によく知っているのは
海人(うみんちゅ)です。

海のなかを見渡したとき、
魚の数があまりにも減っているのです。

埋め立てや海の汚染、サンゴの死滅、生態系の変化など
問題は積まれるいっぽう。

ある日、思いのあふれた海人が言いました。

「海を休ませよう」

出発点は、海人が「魚を捕る」以外の仕事を
つくりだそうという発想。

海をよく知る漁業者ならではの声を上げ、
その視点や知恵を生かしていこうと
INO(イノー)が立ち上げられました。

イノーとは、沖縄の言葉で、サンゴ礁に囲まれた浅瀬のことで、
小さな魚たちのすみかになっています。

c0191542_18634.jpg

そんなINO×海人おじぃの思いを
ものづくりを通して伝える活動がはじまりました。

手ぬぐいのデザインはドゥカティ
染めは海人おじぃたちです。

アイデアにんべんは、巻き紙(兼リーフレット)の企画制作と
ネーミング(OJINO)を担当しました。

c0191542_1865720.jpg


手ぬぐいのデザインと色は数種類あります。
販売場所についてはINOのサイト内をご覧ください。
c0191542_187392.jpg

c0191542_10201320.jpg

c0191542_10202325.jpg

[PR]
by idea-ninben | 2013-02-22 18:12 | 畑人と海人
<< 『百年の食卓 -おばぁとおじ... LOTTAの沖縄の作家展 >>