ブログトップ

アイデアにんべん

ideaninben.exblog.jp

田舎の家々

自休自足vol.29は「家」の特集。
宜野湾市にある宗像堂(天然酵母石窯パンの店)を取材させてもらいました。

床を張り、石窯をつくり、屋根をつけ…。
宗像さん夫婦は、この家で子どもを産み、育て、
この家で人といっしょにパンを焼くよろこびを知っていったそう。

「寒い」「暑い」「湿気がひどい」とは、
外人住宅に暮らす人が口を揃えることですが、
それらを上回る満足感や愛着、積み重ねてきたものが、
誉支夫さんとみかさんにはあるようでした。
c0191542_1610222.jpg
c0191542_16103587.jpg

余談ですが、取材の時、宗像堂のまわりにいる生きものとして教えてもらった
ズアカアオバト(きれいなオリーブ色で、鳴き声が独特!)。
うちの周囲にもいることが、最近判明しました(声で)。
はらぺこヤギやウシ、ゲートボール場のおじぃ、おばぁの声などに耳をうばわれて
今までまったく意識しなかった音がひとつ耳に届くというだけで、日々が新鮮。
宗像さんからお話を聞きながら、
読谷村の暮らしを見つめ直すいい機会にもなりました。
[PR]
by idea-ninben | 2010-03-06 16:13 | 編集と取材
<< 加計呂麻島で… 新沖縄スタイル情報発信事業プロ... >>